診療科目 「口腔外科」(日帰り親知らず抜歯)

(各種健康保険取扱い)

親知らずが痛い 顎が開かない

親知らずの抜歯



親知らずの抜歯、(通常通り生えているもの、倒れて生えている『水平埋伏歯』も)

親知らずは絶対抜かなくてはいけませんか?
答えはNoです。

抜いた方が良いとされる親知らずは

1、 虫歯

神経に達するような大きな虫歯だと、きちんと治療するのが難しいので抜歯することが多くなります。
 虫歯が小さければ治療できる場合もありますが、親知らずの場合磨きにくい状況になっている場合が多く一度虫歯になってしまった親知らずを治療しても、また虫歯になってしまう可能性は高くなります。残すのであればきちんと磨いて行く事が大切になります。

2、痛みがある

 歯肉の周りに汚れがたまって炎症を起こす場合と虫歯の場合があります。
また、神経をとって治療していた歯が再感染を起こす場合もあります。
歯ぐきが炎症を起こしている場合は、消毒してお薬を飲んでいれば治まる場合が多いですが、再発する可能性も高いと思います。汚れがたまりやすい状況になっており、再発を繰り返すようであれば抜歯したほうが良いでしょう。

3、ちゃんとした方向に生えていなく、噛み合わせの障害になる

横を向いて生えていたり、中途半端に生えていて噛んでいない。
このため、歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすくなってしまっている場合。ほうっておくと、隣りの歯まで虫歯になってしまう可能性があります。


このような場合は、抜歯を勧める事が多いですが、必ずしも抜かなくても良い場合もあり
ます。

親知らずに関してお悩みでしたら、一度来院して頂ききちんと検査した上でご相談される事をお勧めします。

重度の歯周病の患者様へ

歯周外科治療


歯周病治療と歯周外科治療

歯周病が比較的軽ければ、ブラッシング指導に従ったご家庭でのホームケアと歯や歯の周りを清潔に保つ歯周基本治療を続けていく事で治すことができます。
そして、投薬などによりポケット内の歯周病菌をある程度減らすこともできます。

しかし、歯茎の炎症が奥まで進行し、歯周組織の破壊が強い場合に対して
歯周組織を回復させるための歯周外科手術が必要となります。
歯周外科によりポケットを取り除く手術のとしてはFLAP OPERATION(フラップオペ、フラップ手術)と呼ばれております。

なぜ手術が必要になるか?

進行した歯周病では、歯周ポケットが深く、奥のほうにプラークや歯石が付着しており、バイオフィルムを形成(バリア膜があり薬も効かない)しています。さらに病的な歯肉(不良肉芽)、壊死セメント質が存在し、これらが炎症を引き起こす原因になっています。

通常、スケーラーなどを用いて除去しますが、ポケットが深い場合、それらを取り除くことができません。

そこで歯肉を切開し、奥に付着しているプラークや歯石、また炎症をおこしている組織を徹底的に取り除きます。骨が溶かされてデコボコになってしまったところをきれいに平らにしたりします。 その後、歯肉を元の位置に戻してから縫い合わせます。
手術後は、傷口を特殊なパックで覆って保護する場合もあります。

手術をすることによって歯周ポケットは消え、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善してきます。ポケットがなくなるので、ブラッシングが楽にできる状態になります。












クチコミアイコン.jpg
3M ESPE Tooth! Navi

logo.png
齋藤歯科医院は
Tooth Fairyに参加しています。

bn2.jpg