診療科目 「インプラント治療」

(健康保険外の自由診療となります)

「インプラント」ってなに?

なるべく歯を削らない。健全な歯に負担をかけない。

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。 「implant」は医学の世界で「移植する」という意味を持ち、ちなみに英語では「しっかり差し込む」という意味があります。
アゴの骨とチタン製のインプラントを結合させるので、もともと持っている自分の歯(天然歯)と同じようにしっかりと物を噛むことができます。 また、入れ歯のようにずれたり違和感が出たりしませんし、他の健康な歯に負担を与えることもありません。 見た目も天然歯そのもので、機能性・審美性ともにとても自然な口元が手に入ります。
imp01.jpg
当院のインプラントはドイツ製のCAMLOGインプラント
を中心に、患者様の症例に応じて最も適したものを採用させていただいております。
ccc.JPG

01ippon-sousitsushita-baai-no-chiryo.jpg一本歯を失ってしまった場合
02fukusuhon-sousitsushita-baai-no-chiryo.jpg複数の歯を喪失してしまった場合
01subeteno-ha-wo-sousitsushita-baai-no-chiryo.jpg全ての歯を喪失してしまった場合

インプラントの治療法

インプラントの代表的な治療法を3つ参考に載せました。
この他にも義歯とインプラントを組み合わせたIOD(Imprant Over Denture)
などの方法がございます。

患者様の全身状態・口腔状態によっては施術できない場合がございますので
担当医にご相談ください。

インプラント治療の流れ

0867001005.png歯槽骨へドリリング0867001006.pngフィクスチャーを埋入し縫合0867001007.pngアバットメント装着0867001009.png上部構造とりつけ



(1)
診断


インプラント治療ができるかどうかを診ます。
どのようにインプラント治療を行うかを模型・パノラマⅩ線写真・CT・および各種ステントを用いて
診断します。



(2)
カウンセリング


安全に手術を行うためにCTの撮影のデーターをコンピューターにて処理しご説明します。



(3)
1次手術


局所麻酔や静脈内鎮静下でフィクスチャーをあごの骨に埋入します。基本的には歯ぐきを閉じます。



(4)
治癒期間


フィクスチャーが骨と結合するまでの期間。(下顎:3ケ月、上顎:6ケ月)



(5)
2次手術


歯ぐきを少し切開して、仮のアバットメントを連結します。
2~3週間で傷が落ち着きます。




(6)
補綴


最終的なアバットメントに交換してから型をとって歯を作ります。 (約1ケ月)



(7)
メインテナンス


スクリューのゆるみや骨の状態を定期的にチェックします。最終的には年に2~3回のチェックになります。


費用に関して


インプラント治療は、健康保険の適応外となっており自由診療とさせていただいております。
治療内容や静脈内鎮静などの有無によっても左右されますが
おおよそ1歯あたり¥300,000~となっております。詳しくは医院にお問い合わせください。


IMG_5204.JPG










クチコミアイコン.jpg
3M ESPE Tooth! Navi

logo.png
齋藤歯科医院は
Tooth Fairyに参加しています。

bn2.jpg