歯科用CT完備 西武池袋線 大泉学園(北口)より徒歩1分の歯医者

  • 練馬区成人歯科健康診査
  • 妊産婦歯科健康検査実施協力機関

■ お問い合わせ・診療予約、予約の変更・キャンセルは

  • 土曜診療OK
  • 休診日:日曜・祝祭日

tel.03-3922-0081

診療時間:8:30-12:00/14:30-17:30(火・水19:30まで)

医院ブログ

医院ブログ

「ヒューマンブリッジ」って何?

2019.04.17

お久しぶりです。

最近めっきりブログを更新できておらず・・・・。

というのも、お気付きの方も多いと思いますがホームページをリニューアルしました。

今後もちょいちょい、更新していきますのでよろしくお願いします。

で、「ヒューマンブリッジ」って何でしょうか?

不幸にして、歯を失ってしまった場合

1、入れ歯を入れる

2、ブリッジを入れる

3、インプラント

の3つがあります。 入れ歯は取り外さないといけないのでやや煩わしさがあります。

インプラントは両隣の歯を削ったりしませんが手術が必要になるため、全身状況、骨の状況などにも

左右されることがあります。

ブリッジは、両側の歯を削って、橋をかけるように補綴をします。セメントなので取り外しは必要ありませんが

大きく歯を削る必要がありました。

 

「インプラントはしたくないけど、入れ歯はいやだ!歯を削るのも嫌だ!」

・・・・わかります。でもね、仕方ないこともあるのですが。解決口としては「ヒューマンブリッジ」が

適応になります。

欠損した歯の両隣に、精密に作られたゴールドの金具を接着します。

この際、削るのはほんの一部です

金具の先にメタルボンド(セラミックでできた歯です)を接着し固定します。

見た目は上記写真の通り、ほとんど目立ちません。

精密な歯のプレパレーションと高度な技工技術が要求されますが当院でも大変ご好評をいただいております。

通常であれば両隣の歯は全周を削り被せますが、これは一部を削り接着することで維持させます。

精密な装置が必要となるため、どうしても金属を用いなくてはならず、若干表面に金属が出ます。

 

MI、つまり Minimal Intervention の略で、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、

本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法です。

現在歯科界では、2000年『国際歯科連盟』によって提唱された『M.I.』 の治療法が大きく浸透しており

当院も新しい治療法としてご提案させていただいております。

 

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Instagram @saitodentalclinic


最近の投稿

カテゴリー

  • ホワイトニングで白い歯に
  • 当院におけるインプラントの安全管理
  • 歯科健康診査を受けましょう!
  • 虫歯予防・定期検診・フッ素塗布

ページの先頭に戻る

COPYRIGHTc 齋藤歯科医院 All Rights Reserved.