保険適応のブリッジの症例

IMG_7767

欠損歯の補綴方法として、「インプラント」「ブリッジ」「義歯」

の3つがあげられます。

ブリッジ・義歯に関しましては一部健康保険適応となっており

今回はそちらの症例を供覧します。

健康保険適応のブリッジに関しましては一定の条件と設計が必要になり

また、

使用される材料も銀色の金銀パラジウム合金というものが使われます。

IMG_7880

後ろから2番目が欠損歯です。

保険改訂によって、ブリッジに絡む場合の第一小臼歯は白い歯

(硬質レジン前装冠)の適応が可能になりました。

IMG_7767

ピカピカに磨かれているのがわかると思います

心がけていることとして、基本は保険治療ありきということです。

自由診療と比較して使用できる材料に制限がありますが

形成や、印象(もちろん歯肉には圧排糸を挿入します)に十分配慮を

行い、技工物を仕上げるようにしています。

写真を撮らせていただきましたが、技工物に関しても納品時に

形態、咬合状態、研磨状態を厳しくチェックさせていただき、

口腔内で適合検査、調整を行います。

(この時点で不備があれば再印象になります)

国が定めた材料・方法であり、平等に医療を提供できるための制度

ですので、性能や審美性等は疑問点はありますが、

決められた条件の中で十分に使用できるように

心がけて診療をしております。

大泉学園 齋藤歯科医院

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります