3D技術の恩恵〜安全な治療を目指して〜

SMOP

近年の3Dレンダリング技術の向上は、歯科おいても様々な恩恵があります。

その一つが、インプラントの治療計画

前にも少しお話ししましたが、画面上でCTのデーターを3D化し

神経や血管をしっかり明示した上で、かつ補綴学的に正しい位置にインプラントの

埋入を行う「トップダウントリートメント」の考え方に基づいて治療計画が立てられる。

SMOP

現在導入の方向で進めている新しい3D解析ソフトの「SMOP」 診断からガイドの作成まで可能です。

なるべく正確に、安全にをモットーに、CTでの解析はもちろん、

ガイドステントを用いてのインプラント手術を最近は多く取り入れています。

左はエールジャパン社製のガイドステント、右はSMOP製のガイドステントです。

左はエールジャパン社製のガイドステント、右はSMOP製のガイドステントです。

ガイドステントは、いわばカーナビのようなもので、インプラントの埋入時に方向性を

きちんと定めるものとなります。

方向性が定まるので一見すると簡単そうなのですが、

私の感想としては制限をかけられた上での治療となるので、

むしろステントなしの手術よりも難しい気がします。

当院は「インプラントセンター」等を表記している診療所ではなく、

義歯からブリッジなども非常に多いのですが、治療の選択の一つとして

インプラントを選んでいただく場合、

安全・正確に処置を行えるような技術を提供していけるように心がけております。

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります