ダイレクトボンディングによる前歯の治療

aff_data081

大泉学園北口 齋藤歯科医院のDr.Satoshiです。

前歯の虫歯、黒くなってしまうと審美的にもちょっとマイナスです。

ダイレクトボンディング

歯と歯茎の境の黒色、ダイアグノデントでは大きく反応します。

成人男性ですが、以前にもお話ししたように缶コーヒやペットボトルの

ちょこちょこ飲みや、頻繁な間食などで歯頚部(歯と歯茎の境)

の虫歯がおこりやすくなります。

天然歯は、明るく透明感のあるエナメル質、色が濃く透明性の低い象牙質、

神経や血管がある不透明な赤色の歯髄の3種類の構造が重なり合って作られています。

従来の歯科用プラスチック(コンポジットレジン)では、

このような歯の複雑な質感を再現することが困難でした。

アフター

ダイレクトボンディング後。どこが治療したかわかりますか?

修復後の写真が上の写真です。最小限、虫歯の部分を削除しかけた部分を何層かに分けて

新しいタイプのコンポジットレジンを積層充填することで自然な仕上がりを得ることが

できます。(もちろん、かなり高度な技術を要するのですが・・・・・)

診療時間は6本で30分程度。

すべて削ってオールセラミッククラウンを入れてしまえば色合わせは簡単です。

しかし、ご自身の歯、なるべくなら最硬層のエナメル質を保存していきたいものです。

beforeafter

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります