メタルフリー修復って?

ブリッジ

大泉学園北口 齋藤歯科医院のDr.Satoshiです。

本日、ジルコニアクラウン(ブリッジを含め)の症例が

1日で3ケース、12本 (^^;) 当院にとっては結構な数です。

発送待ちの技工物

ジルコニアクラウンはCAD/CAMで作成されるため、ミリングマシーンのある国内の技工所に送られます。

小臼歯〜大臼歯が絡んだ症例に多いのがやっぱり見た目・・・。

意外と小臼歯と第一大臼歯って笑うと見えるんですよね。

こちらは単冠

こちらは単冠のジルコニアクラウン

ブリッジ

ブリッジのジルコニアクラウン

ここ最近、「メタルフリー修復」が少しずつ浸透している気がします。

金属を用いない、白い被せ物のことを指しますが

以前はメタルボンドポーセレン(陶材)かもしくはレジン前装冠、いずれも

金属の上に白い素材を持っている物が主体で、これのみの対応しか出来なかったのですが

ジルコニアクラウンやダイレクトクラウン(こちらは単独の冠のみ)が登場し

低価格でも選択の幅が広がったからでは無いでしょうか?

インレーではさらにe.maxといった二ケイ酸リチウムガラスを主体としたものも・・・。

素材の選択が増えるにより、

プレパレーションや接着技術の更新が術者には求められます。

技工指示書を書きながら、ふと思ったのでブログにアップしてみました。

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります