シュガーコントロールの重要性

ranpant1 copy

大泉学園北口 齋藤歯科医院のDr.Satoshiです。

今日も暑い日が続いております。。

こんな暑い日は、キンキンに冷えた冷たいコーラを、最高です!

しかし、清涼飲料水には多量の砂糖が含まれており、ちょっと油断すると・・・

歯茎との境、白っぽいのが虫歯です

歯と歯茎の境、前歯全体に広がる虫歯・・。原因はやっぱり清涼飲料水です。

乳歯のランパントカリエス(哺乳瓶でスポーツドリンクなどを与えると起こる虫歯)に

非常に類似した状態になっています。

特に、ペットボトルでちょこちょこ水分補給を清涼飲料水でおこなったり、

缶コーヒを片手に仕事したり(近年プログラマーさんに多いです)

大人でもこのような大掛かりな虫歯をつくってしまいます。

予防法としては糖分の摂取回数を控えめにする・・・・

それが「シュガーコントロール」

糖分をじょうずにコントロールすることで、

むし歯菌の養分になるものを少なくし、菌の繁殖をおさえることができます。

私たちがよく口にする糖分には、食べ物や飲み物に含まれる砂糖(ショ糖)や、

果物に含まれる果糖やブドウ糖などがあります。

これら糖分の含まれる食べ物や飲み物をとる回数が少なければ、

よりむし歯になりにくくなるということになります。

美味しい清涼飲料水も、回数を決め後はノンシュガーのお茶やお水にかえたり

コーヒーはブラックにしたりするだけで十分変わります。

この症例では、まず麻酔下にて虫歯の除去

ダイアグネントとう蝕検知液で拡大鏡下にて丁寧に虫歯をとります

神経が近い所は神経を保護する為の処置を行い

今回は抜髄(神経をとること)を行わないで

コンポジットレジン(白い強化プラスチック)、(健康保険適応です)

左が術前 右が術後

プラスチックの詰め物は、経過と共に着色が起こりますが、

患者様のご希望でなるべく削らないで審美的に仕上げました。

現在はしみることも無く、非常に安定しています。

合わせて歯科衛生士からのブラッシング指導を受けているので、歯茎の状態も改善。

今後はメンテナンスをきちんとしていくことに・・・。

(患者様の許可をいただき掲載させて頂きました ありがとうございます。)


関連キーワード:歯科・歯医者

by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります