自然な入れ歯「ノンクラスプデンチャー」のお話

nonclisu

大泉学園北口 齋藤歯科医院のDr.Satoshiです。

ノンクラスプデンチャー(エステティックデンチャー)のお話

残念ながら、抜歯となってしまった場合、

①インプラント、

②ブリッジ

③義歯

という選択肢があります。

インプラントは手術があるし、、抜いた位置によってはブリッジは厳しいことも・・・・

③の義歯の選択となった場合、

部分義歯ですとどうしても義歯を支える為の金具(クラスプ)が必要となります

奥歯であればそんなに気になりませんが、

前歯のほうに出てしまうと、

審美的にネックとなる場合が多く気にされる方が多くいらっしゃいます。

この金具(クラスプ)を使用しない義歯が、ノンクラスプデンチャーで

このように特殊樹脂によって義歯を支えます。

口腔内にいれると歯茎と調和してあまり立ちません。

義歯の大敵である歪みに関しても当院ではみえない部分に金属を

補強させて頂くことを推奨させて頂いているため

「カチッと」した義歯の作製が可能です。

食事のあとは通常通り外して頂いて清掃が必要で、

使用法はほぼ通常の義歯とは変わりません。

修理も対応できます。

大泉学園 北口   齋藤歯科医院

東京都練馬区東大泉4−1−10
電話 03−3922−0081
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります