歯科用CT完備、安心安全の歯科治療を目指して

CT_chap

歯科用CTを導入いたしました。

CTとは、コンピュータ断層撮影のことで

レントゲンの機械の一種ですが、

写真ではなく立体でレントゲン撮影が可能となります。

CT装置

ちょっとゴツイですが安定して撮影可能です。

従来のデジタルレントゲンに加えて、症例によってはCTを併用することで

確実な診断を行うことが可能となりました。

歯科用に特化したCTのため、医科のCTと比べ照射量(放射線量)が

非常に少なく抑えることができます

(およそフィルムのレントゲン(大)と同じ程度)

panoramagazou1

従来のレントゲン像(大)

CT画像

CT解析画像:縦横、3D構築が可能です

歯科領域においてCTでできること

・親知らず抜歯のとき、神経と触れているか診断できます

・インプラント埋入において、骨があるかを診断できます

・なかなか治らない根の治療の際、どこが悪いのか正確に診断できます

・歯周病の骨の溶け方が正確にわかります

・顎関節症の診断が出来ます

※親知らずの抜歯・根の治療・歯周病・顎関節症・のう胞・骨折などでは、健康保険が使える場合があります

本日、スタッフ全員の研修を行いました

CT撮影研修会

みなさん必死にメモを取りながら撮影について学んでます。

正確な診断を行うことは歯科治療を行っていく上で

最も大切だと考えております。

従来のX線では二次元の画像ですがCTは3次元です。

例えば、埋まっている親知らずの抜歯を行う際では深部にある

歯の近くに神経がそうこうしているケースが多々あります。

レントゲンのみでは重なって写ってしまうような場合でも

CTではきちんと距離関係を把握することができるので、

安全性も向上します。

歯科用CTは現在、全国の普及率がおよそ数パーセントです。

まだまだ歯科では一般的にはなっておりませんが、導入をきっかけに

今日から医院に貢献してくれると思います。

CT_chap

もちろん、それに追いつくように私の腕も磨かないと・・・ですね

大泉学園 齋藤歯科医院

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります