SMOPを用いた安全な治療

SwissMedia社の診断・解析ソフト、言語が英語・ドイツ語しか選べません・・・

「入れ歯を使っているんだけど・・・どうも使い心地が悪くて」

とのご相談。

インプラントでの治療を進めることになり、本日無事に終了

一連の流れをここでご紹介させていただくことをご承諾いただきましたので

記載させていただきます。

当院では、医科用の高精度のヘリカルCTにて撮影を行っており

大泉学園南口の川満外科様と提携しております。

撮影したCTはSMOPと呼ばれるソフトにより厳密な診断を行います

SwissMedia社の診断・解析ソフト、言語が英語・ドイツ語しか選べません・・・

SwissMedia社の診断・解析ソフト、言語が英語・ドイツ語しか選べません・・・

解析を行ったのち、サージカルステントの作成を行い診断した位置に

安全に、確実にインプラントを埋入するように推奨しております。

実際に埋入した後のレントゲンがこちら・・・。

インプラント

計画通りにしっかり入ります。アルタデント社のSMOP&フィクスチャーは非常に精度が高く安定しています。

インプラントは骨と結合するのにおよそ下顎で3ヶ月を必要とします。

今回はスクリュー止め式にて上部構造を作成

(セメントを用いずネジで固定します、穴は後ほど埋めます)

上部構造完成

上部構造はISUS(アイサス)、これもまたコンピューターで作成します。

imprant - 3

一連の流れでおよそ4〜5ヶ月を要しますが、

今後長く使用していただくものとなりますので、一切の妥協を許さず進めてきました。

必ずしも治療はインプラントというわけではなく、

義歯が良いケース、ブリッジが良いケースなど様々ですが、

一つの選択肢としてインプラントは非常に有用になると考えております。

大泉学園 齋藤歯科医院

関連キーワード:歯科・歯医者
by齋藤歯科医院
診療時間
月曜日〜土曜日 8:40〜12:00 14:00〜17:30
但し、火曜日・水曜日は 19:30 まで延長して診療を行っております
日曜/祝祭日は 休診となります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする